ヒカルの碁、で囲碁レッスン!= Hikaru-no Go Lessons Igo Lessons by Kaz based on Hikaru-no Go, ヒカルの碁、から学ぶ、囲碁レッスン、: 「ヒカルの碁」の「秀策のコスミ」とは?(= What is Shusaku's kosumi)

「ヒカルの碁」の「秀策のコスミ」とは?(= What is Shusaku's kosumi)

「ヒカルの碁」の「秀策のコスミ」とは?(= What is Shusaku's kosumi)

「ヒカルの碁」のマンガに「秀策のコスミ」というのが出てきます。

プロの先生はもちろん、囲碁を打つ方、特にアマチュアの高段者の方は
「秀策のコスミ」
はご存知です。

しかしながら囲碁のアマ初段、二段くらいから級の方は、それを勘違いして、
ミスされる時が結構よくあります。がく〜(落胆した顔)

そのミスは囲碁では「アマのよく打つ10万円ミス」なのです。

今日はそれをお見せしますね。


上記を英語で解説させていただきます。

In manga "Hikaru-no Go", you must've seen something called
"Shusaku's kosumi".

If you're a dan player, you probably know it. Even if you don't,
please don't worry. Today I'll show you what it is.

I'll show you that not only because it's a famous shape, but also
because some people, one-dan, two-dan, and mostly kyu players,
often get confused with another shape, which I call
a-thousand dollar common amateur mistake.ちっ(怒った顔)

Here is the common amateur mistake:

mistake46.JPG


1図( = Dia.1) says that W 2 is what is known as
"Shusaku's kosumi", a great move.

2図( = Dia.2)says W 2 is a-thousand dollar common amateur mistake.
B 3 is a great move to take advantage of it.

3図( = Dia.3)B 3 is a-thousand dollar common amateur mistake,
the same shape as W2 in Dia.2. It doesn't affect White at all.

Since the two white stones are so strong, Black should fill the
liberty of the white stones to make it weak like in Dia.2, in
which the shape of the two straight black stones are stronger
than that of White's.

This common mistake occurs all the time. I can see a couple of
times in a game.もうやだ〜(悲しい顔)

Just a couple of days ago, I went over my friends' games in
KGS, and I pointed that out. My friends, kame, and cassiopeia
quickly learned it and became stronger! :)

If you go to KGS and check on my go comments, I think you might
find them.

My ID in KGS is "Kaz". :)

That's it for today!

I'll show you other examples soon on this blog! So please
come back! :)

---------------------------------

日本人の方、お待たせいたしました!ここから解説です!

まず上の図に解説が見づらいので、ここに再掲いたします:

---------------------------------

1図. 白2は「秀策のコスミ」と呼ばれる好手。

2図. 白2は「アマのよく打つ10万円ミス」。異筋です。次の、
   黒3の押しが好手で黒良しです。

3図. 黒3も「アマのよく打つ10万円ミス」。異筋であり、
   白に全く響きません。

---------------------------------

上の2図の白2が、「アマのよく打つ10万円ミス」です。

この白2は、どちらかと言うと、囲碁の基本をあまり勉強
したことがない、自己流の方がよく打つミス
です。

でも勉強している人でも、つい打ってしまう手でもあります。ふらふら

次の黒3も重要です。

この黒2子の形は、まっすぐに並びながら、白石を圧迫して
います。

白石のコスミは、「秀策のコスミ」とはえらい違いで、黒3と
押されると、白石はあまり強くない形なのです。


しかしながら、黒3と打てない方は、実は少なくないのです!!!


「アマのよく打つミス」を研究されたことがない方にとっては
驚きかもしれませんが、白2に対しては、3図の黒3と打って
しまうアマの方は、意外と少なくないのです。

同じ、コスミの異筋の例は、またこのブログでご紹介いたします。

異筋とは、間違った筋、俗手といってもいいかも知れません。

例を多く知れば知るほど、理解が深まります。


comment on this page
Write a comment along with Japanese words "囲碁". Without the Japanese words, you can't put the comment.
name:

email:

homepage:

comment:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。